プロフィール

つっちー

主筆:つっちー
九州方面某田舎在住。
三十路男。偏屈。理屈屋。
人生ザッピング。
最近、妻に逃げられました(マジ)。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
萌える人もいるのか?・・・(背毛について)
今日は物凄く下らない話である(いつもくだらない話しか書いてないわけだがさらに輪を掛けて下らない話だ)。背毛(せなげ)という言葉は多分、辞書には載っていない。私の造語である(と思う。調べてないから)。それは何か?というと、うなじのやや下方、背中の上部に薄っすらとあるいは、やや濃く、生えている毛の事である。個人差はあるだろうが、欧米人男性に良く見られる特徴だと思う。

で、この背毛。女性でも生えている人が居るのである。男女の差や他の部位の毛深さには関係無くである。他人の裸など、たとえ、同性であっても、それほどの数見たわけでもないし、異性に関してはさらに少ないので、統計サンプルとしては心元無いが、これまでの経験上はそうなのである。準備万端整えて「いざ、鎌倉!」とばかりに夜の営みに励まんとした時に(形容が古いな)、背毛が生えているのを目撃した時に果たして好きな異性でも萌えられるのかとヒゲを剃っている時にふと思ったわけである。

私はヒゲがかなり濃い方なので(というか、体毛も結構濃い。通称・ギャランドゥーも強烈なな感じで女性受けはすこぶる悪い)、二日も剃らねば微妙な不精ヒゲになり、四、五日剃らねば見事な無精ヒゲとなり、若手の間で流行っている無精ヒゲとは比べ物にならぬほどに(そういえば、小学校の時、好きだった女の子が給食の時の牛乳を飲んで、鼻下の産毛が濃かったのか、ヒゲ剃り後の如く、白くなっているのを見て、物凄くヘコんだ憶えがある)、みすぼらしいさまになるので、ヒゲ剃り用の剃刀には結構気を使っているし、相当な種類を保有しているのだけれども、どう考えても背毛を自分で剃るのは、不可能であると思い至った。ヨガをやっている人でも厳しいのでは無いか?と思われるほど無理な体勢で剃らねばならない。何度かの同棲生活や結婚生活は送ったけれども、どの女性も手足、脇などなどの無駄毛処理はそれぞれでされていたようだけれども、背毛処理をしている女性は知らない。二人ほど結構見事な背毛を生やした女性にお目に掛かったが、気にしていないのか、気づいていないのか、意識して何もしていなかったのか、全く何かの処理をした形跡が無かったように思う。それとも、私が気付いていないだけで、本当は各々で何か対応策があるのか?または、私が出会った女性が希少なのか?とも考えたが、到底、方法が思い浮かばないし、どうも納得がいかない。または、ある種の男性は背毛にセックスアピールを感じるのか?とも思う。毛深い男性が好きだ!という女性も少なからず居るという話だ。

「背毛萌えーーー!!!」


という男性が居ても不思議ではない。ただ、私は正直萎える。出力二割減の様相である。かくして、ヒゲ剃りをしながら考えては見たものの、全ては謎のまま、堂々巡りになってしまう。誰か正しい答えを教えて貰えないかなと思って、書いてみたのだ。是非、この「背毛」について、男女を問わず、ご教授いただければと思う次第である。


日記才人に参加中です。
下のボタンは投票ボタンです。よろしければ投票お願いします。
初回は簡単な登録作業が必要です。



スポンサーサイト


周辺雑記・日記 | 【2006-01-30(Mon) 23:54:49】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-02-02 木 14:45:25 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。