プロフィール

つっちー

主筆:つっちー
九州方面某田舎在住。
三十路男。偏屈。理屈屋。
人生ザッピング。
最近、妻に逃げられました(マジ)。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
誰も責任は取れない・・・(北九州市・小学5年生自殺)
しばらく、忙しくてなかなかエントリを上げる時間が無くて、久しぶりのエントリーになる。自分が止まっていても、世間が動いている事は間違いないことなのである。

北九州市というのは、福岡県、第二の都市であり、政令指定都市でもある。かつては、鉄鋼業、造船業などの重工業で栄えたが、今は一部のロボティクスなどの産業はあるものの最盛期の隆盛はない。住人の年令比も半数が六十歳を越える高齢都市でもある。そんな背景の街で事件は起こった。

小学五年生の男の子が自殺。イマドキの小学生の死生感に関して、子供も居ないので知る由も無いが、自殺とはただごとではない。いじめを苦にしての自殺は、後を絶たないし、物事の低年齢化はあらゆる物事に適用されているようにも思える。それを考えれば、そのような低年齢での自殺もありえることだとは思った。この時は、詳細については読んでいなかったので、このスタンスで書き始めたのである。しかし、詳細を読めば、その中身は全く異なる事であった。ご存じ無い方は、どこかのサイトで概要をお読みいただいてからが良いかもしれない。以下は、概要をご存じのモノとして書く。

体罰の境目についても、書いた記憶は有るが、どちらかといえば、体罰を含む、指導について寛容で「ありか、なしか」でいえば、「ありだ」とは考えているが、そこには十分なケア、フォローありきの事ではある。その点の不足があったことを学校側も認めていた。確かに、一人一人を完全にフォローすることは困難なことかもしれないが、それでも、最大限の力で取り組まねばならない問題ではあるし、少子化が言われて久しい昨今、それほどの人数を一人で受け持っているとは思えない。一部の保育園や病院では、保育士や看護師の人数が足りないことが問題になっていたが、教師の数が不足しているという話は聞かない。毎年、大学の教育学部で教職課程修了者が採用試験に落ちて、教師になれないという話を聞くぐらいだから、足りているのだろうとは思う。

自分が小学校の頃を思い出すと、たとえ、体調不良でも、忌引きでも、下校時間でないのに校門をくぐるという行為に及ぶということに違和感があったように思う。今でも、その感覚は学生(特に、小中学生)が持ち合わせていると信じている。
学校のフェンスは一種の境界線であり、学校という閉じられた空間への入り口では無かったか。いくら学級崩壊が話題とはいえ、空間そのものまで否定しているわけではあるまい。

違和感を忘れるほどに担任教師の発言の方が、彼にとってショックだったのであろうか。かなり、厳しい指導にだったのは、想像できる。その後、飛び出した彼の後を追うこともせず、緊急連絡も家族にしなかった理由が解せない。もし、いつものことだと思ってのことなら、そのことがおかしい。学校という空間を作り出すべき教師がそれを否定しているなら、学級崩壊の前に、学校崩壊が始まっていると言って良い。そして、その原因は生徒だけでなく、教師側にも責任があるということになる。根は深いことになる。教師側で学校と言う閉鎖空間を維持管理する能力が無いのなら、それは大きな問題であると言えるのではないか。

如何なる理由があろうとも、自ら命を絶つことが罪悪であるとは言わない。良いこととは言わないが、誰にも、絶望の瞬間はあるのだと思っている。ただ、今回はそうでなく、意趣返しなのではないかと思えるふしがあるのだ。「死んでやる」と言いながら学校を飛び出した様子が目撃されているという。意趣返しで、自分の命を経ったというのなら、それは一種の犬死になってしまわないか。最初に書いたように、イマドキの小中学校生の死生観には疎いが、一歩先まで考えることは幼い彼には出来なかったのかもしれないとも思う。

残念な事件である。深刻な事件である。そして、学校教育のシステムが内包する欠陥を指摘する事件でもある。関係者は猛省するべきだろうし、踏み込んで方向修正へと進んでもらわねば、誰もが我が子を学校に預けることに躊躇する可能性もある。
スポンサーサイト


時事問題 | 【2006-03-21(Tue) 14:46:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。