プロフィール

つっちー

主筆:つっちー
九州方面某田舎在住。
三十路男。偏屈。理屈屋。
人生ザッピング。
最近、妻に逃げられました(マジ)。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
体重減少・・・(ダイエットについて)
近頃、急激に体重が減っている。一ヶ月で七キロぐらい減った。ダイエットをしているわけではない。正月にちょっと増えた分どころか、その前に蓄積されていた脂肪も燃焼したらしく、服のサイズに多少変化が見られる程度に痩せた。

物心付いてから、一番太った時は多分、100kgぐらいあったと思う。大学時代にストレスから来る過食と薬の副作用などで急激に体重が増加し、70kgぐらいだった体重が半年程度で大台に乗った。この時はさすがに身の危険を感じて、薬を一時的に止めて、食事制限を行なった結果、みるみる内に体重が減少。最終的には、63kgまで体重を落とした。それも数ヶ月で。周囲から病気を疑われたが、体力の減退が多少見られる程度で健康体を取り戻した。その後、二十代後半辺りからは、70kgから、80kgの10kgを行ったり来たりというのがこの五年ほど続いていたわけだが、ここに来て、急激に体重が減少し始めて、久しぶりに70kgを切ろうとしている。身長から割り出した理想体重の数値は60kg前半なので問題ないのだが、体脂肪率が13%程度なので痩せすぎると持久力が無くなって結構辛い。傍目から見て、太っていると言われるぐらいで当人としてはベスト体重なのである。元来、冬場に痩せるという他の方々とは逆の体重推移をする体質ではあったが、今年ほど顕著にその症状が現われたのは珍しい。

食事はしっかりと三食とも食べているし、量も減らした記憶は無いし、ガテンな仕事からは手を引いたので、運動不足は明白なのである。痩せる要素が無いのに、痩せるとはどう言う事であろうか?と思案を巡らせていた所、どうやら、精神的なストレスが原因ではないか?という事に今更ながら思い至ったのである。

自分で言うと余計に情けないのであるが、協調性がまるで無い、人ごみが嫌い、躁鬱である、気が短いなどなど短所を書けば、枚挙に暇が無い男なのである。そんな自分が、久方ぶりの勤め人稼業に身を置いている。そのストレスであるらしい。「辞めたい」と既に思っている辺りがその証拠な訳だが、辞めるに辞められぬ状況にはなりつつあって、同部署の先輩が今月で退職なさる事になった事もあって、とてもではないが、今、辞めるのは無責任極まるという判断ぐらいは出来るのである。拙速で仕事に目途を付けたとしても、夏までは辞められまいとも思う。機先を制された事でストレスが倍増したという面も否定できないのであった。

昨日、風呂上りに後頭部、旋毛のやや下辺りに微妙な手触りを感じて、合わせ鏡で確認すると一円よりやや大きい程度の禿(はげ)が見つかった。思わず、手にもっていた手鏡を取り落としそうになった。

「え、え、円形脱毛症・・・?」


円形脱毛症、通称・円脱は、過度のストレスや疾患などによって起こる現象で、頭部に一円大から、五百円大程度の大きさの丸い禿が出来る。人によっては、数個出来るらしいが、私は一個であった。一度、短く切り揃えた髪がまた、伸びつつあるため、隠れて見えないが、切れば丸見えである。

「・・・は、ハゲた・・・orz」


つい先日、久方ぶりにあった友人の後退しつつある前髪前線について、話題にしたばかりであった。「私は当面大丈夫であろう」と高を括っていた。予想外の事実である。家族も未だに気付いていない。家族や同僚に気付かれる前に「プロペア」(あの女子高生の腕から毛を生やすヤツね)しようかと本気で思った。



日記才人に参加中です。
下のボタンは投票ボタンです。よろしければ投票お願いします。
初回は簡単な登録作業が必要です。




スポンサーサイト


周辺雑記・日記 | 【2006-03-15(Wed) 23:22:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。