プロフィール

つっちー

主筆:つっちー
九州方面某田舎在住。
三十路男。偏屈。理屈屋。
人生ザッピング。
最近、妻に逃げられました(マジ)。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
誰も責任は取れない・・・(北九州市・小学5年生自殺)
しばらく、忙しくてなかなかエントリを上げる時間が無くて、久しぶりのエントリーになる。自分が止まっていても、世間が動いている事は間違いないことなのである。

北九州市というのは、福岡県、第二の都市であり、政令指定都市でもある。かつては、鉄鋼業、造船業などの重工業で栄えたが、今は一部のロボティクスなどの産業はあるものの最盛期の隆盛はない。住人の年令比も半数が六十歳を越える高齢都市でもある。そんな背景の街で事件は起こった。

小学五年生の男の子が自殺。イマドキの小学生の死生感に関して、子供も居ないので知る由も無いが、自殺とはただごとではない。いじめを苦にしての自殺は、後を絶たないし、物事の低年齢化はあらゆる物事に適用されているようにも思える。それを考えれば、そのような低年齢での自殺もありえることだとは思った。この時は、詳細については読んでいなかったので、このスタンスで書き始めたのである。しかし、詳細を読めば、その中身は全く異なる事であった。ご存じ無い方は、どこかのサイトで概要をお読みいただいてからが良いかもしれない。以下は、概要をご存じのモノとして書く。

体罰の境目についても、書いた記憶は有るが、どちらかといえば、体罰を含む、指導について寛容で「ありか、なしか」でいえば、「ありだ」とは考えているが、そこには十分なケア、フォローありきの事ではある。その点の不足があったことを学校側も認めていた。確かに、一人一人を完全にフォローすることは困難なことかもしれないが、それでも、最大限の力で取り組まねばならない問題ではあるし、少子化が言われて久しい昨今、それほどの人数を一人で受け持っているとは思えない。一部の保育園や病院では、保育士や看護師の人数が足りないことが問題になっていたが、教師の数が不足しているという話は聞かない。毎年、大学の教育学部で教職課程修了者が採用試験に落ちて、教師になれないという話を聞くぐらいだから、足りているのだろうとは思う。

自分が小学校の頃を思い出すと、たとえ、体調不良でも、忌引きでも、下校時間でないのに校門をくぐるという行為に及ぶということに違和感があったように思う。今でも、その感覚は学生(特に、小中学生)が持ち合わせていると信じている。
学校のフェンスは一種の境界線であり、学校という閉じられた空間への入り口では無かったか。いくら学級崩壊が話題とはいえ、空間そのものまで否定しているわけではあるまい。

違和感を忘れるほどに担任教師の発言の方が、彼にとってショックだったのであろうか。かなり、厳しい指導にだったのは、想像できる。その後、飛び出した彼の後を追うこともせず、緊急連絡も家族にしなかった理由が解せない。もし、いつものことだと思ってのことなら、そのことがおかしい。学校という空間を作り出すべき教師がそれを否定しているなら、学級崩壊の前に、学校崩壊が始まっていると言って良い。そして、その原因は生徒だけでなく、教師側にも責任があるということになる。根は深いことになる。教師側で学校と言う閉鎖空間を維持管理する能力が無いのなら、それは大きな問題であると言えるのではないか。

如何なる理由があろうとも、自ら命を絶つことが罪悪であるとは言わない。良いこととは言わないが、誰にも、絶望の瞬間はあるのだと思っている。ただ、今回はそうでなく、意趣返しなのではないかと思えるふしがあるのだ。「死んでやる」と言いながら学校を飛び出した様子が目撃されているという。意趣返しで、自分の命を経ったというのなら、それは一種の犬死になってしまわないか。最初に書いたように、イマドキの小中学校生の死生観には疎いが、一歩先まで考えることは幼い彼には出来なかったのかもしれないとも思う。

残念な事件である。深刻な事件である。そして、学校教育のシステムが内包する欠陥を指摘する事件でもある。関係者は猛省するべきだろうし、踏み込んで方向修正へと進んでもらわねば、誰もが我が子を学校に預けることに躊躇する可能性もある。

スポンサーサイト
時事問題 | 【2006-03-21(Tue) 14:46:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
体重減少・・・(ダイエットについて)
近頃、急激に体重が減っている。一ヶ月で七キロぐらい減った。ダイエットをしているわけではない。正月にちょっと増えた分どころか、その前に蓄積されていた脂肪も燃焼したらしく、服のサイズに多少変化が見られる程度に痩せた。

物心付いてから、一番太った時は多分、100kgぐらいあったと思う。大学時代にストレスから来る過食と薬の副作用などで急激に体重が増加し、70kgぐらいだった体重が半年程度で大台に乗った。この時はさすがに身の危険を感じて、薬を一時的に止めて、食事制限を行なった結果、みるみる内に体重が減少。最終的には、63kgまで体重を落とした。それも数ヶ月で。周囲から病気を疑われたが、体力の減退が多少見られる程度で健康体を取り戻した。その後、二十代後半辺りからは、70kgから、80kgの10kgを行ったり来たりというのがこの五年ほど続いていたわけだが、ここに来て、急激に体重が減少し始めて、久しぶりに70kgを切ろうとしている。身長から割り出した理想体重の数値は60kg前半なので問題ないのだが、体脂肪率が13%程度なので痩せすぎると持久力が無くなって結構辛い。傍目から見て、太っていると言われるぐらいで当人としてはベスト体重なのである。元来、冬場に痩せるという他の方々とは逆の体重推移をする体質ではあったが、今年ほど顕著にその症状が現われたのは珍しい。

食事はしっかりと三食とも食べているし、量も減らした記憶は無いし、ガテンな仕事からは手を引いたので、運動不足は明白なのである。痩せる要素が無いのに、痩せるとはどう言う事であろうか?と思案を巡らせていた所、どうやら、精神的なストレスが原因ではないか?という事に今更ながら思い至ったのである。

自分で言うと余計に情けないのであるが、協調性がまるで無い、人ごみが嫌い、躁鬱である、気が短いなどなど短所を書けば、枚挙に暇が無い男なのである。そんな自分が、久方ぶりの勤め人稼業に身を置いている。そのストレスであるらしい。「辞めたい」と既に思っている辺りがその証拠な訳だが、辞めるに辞められぬ状況にはなりつつあって、同部署の先輩が今月で退職なさる事になった事もあって、とてもではないが、今、辞めるのは無責任極まるという判断ぐらいは出来るのである。拙速で仕事に目途を付けたとしても、夏までは辞められまいとも思う。機先を制された事でストレスが倍増したという面も否定できないのであった。

昨日、風呂上りに後頭部、旋毛のやや下辺りに微妙な手触りを感じて、合わせ鏡で確認すると一円よりやや大きい程度の禿(はげ)が見つかった。思わず、手にもっていた手鏡を取り落としそうになった。

「え、え、円形脱毛症・・・?」


円形脱毛症、通称・円脱は、過度のストレスや疾患などによって起こる現象で、頭部に一円大から、五百円大程度の大きさの丸い禿が出来る。人によっては、数個出来るらしいが、私は一個であった。一度、短く切り揃えた髪がまた、伸びつつあるため、隠れて見えないが、切れば丸見えである。

「・・・は、ハゲた・・・orz」


つい先日、久方ぶりにあった友人の後退しつつある前髪前線について、話題にしたばかりであった。「私は当面大丈夫であろう」と高を括っていた。予想外の事実である。家族も未だに気付いていない。家族や同僚に気付かれる前に「プロペア」(あの女子高生の腕から毛を生やすヤツね)しようかと本気で思った。



日記才人に参加中です。
下のボタンは投票ボタンです。よろしければ投票お願いします。
初回は簡単な登録作業が必要です。






周辺雑記・日記 | 【2006-03-15(Wed) 23:22:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
日常における会話・・・(共通言語保持について)
常日頃から、周囲の人とは出来るだけ仲良くしたいとは思っている(とはいえ、好き嫌いが激しく、冷たい人間だと言われた事もあるので出来てないかもしれぬ)ので、興味の無い話題であっても、出来るだけ話を合わせるようにはしているし、知らない事は尋ねる事にしている。余程、偏屈な人でない限り、ある程度のことは聞けば教えてくれる。世の中に知らない事などいくらでもあると思っていて、「安楽椅子探偵」ではあるまいし、

「この世に、私以外の謎など無い」


とか、そんな、おバカなことを考えているわけでも無いので、ありがたく教えていただく事にしている。多少興味が無くて、知識が薄い事でも、改めて教えてもらう事で、興味がもてる事もにはあるので(この辺が嫌がられる原因だな。多分)、それはそれで楽しい事だと思っている。日本に住み暮らし日本語を解する仲である以上は、日本語を解さない人々と比すれば、より簡単に、より深く、意思疎通は図れるものだと思っている。

しかしながら、Blogを読んでいても思うことだけれども、基本的に会話が通じない人々というのは居て、私のBlogをお読みくださる数少ない人達は、不思議と知識が広い方々、理解力の高い方々が多く、私が「既知」のものとして書いている事をすんなりと理解してくださる。誠にありがたいことである。どう言う事かというと、例えば、小学校の算数を理解していない人に、高校や大学の数学関連の書籍を読ませても、全く理解できないというのと同じで、「背景となる経験や知識が共通項であるか?」によって、印象は大きく異なる。

近頃では、あれだけ疑問符をつけていたMixi内のコミュニティー(同趣味の人の集まり)の幾つかに参加させてもらっているけれど、「池波正太郎」関連のコミュニティーにいけば、会社の同僚には通じない事でも、そのコミュニティー書けば反応が返ってくる。これが共通項を持つ人の強みなのだ。例えば、「鬼平犯科帳の五巻に出てくる鈍牛の最後にグッと来る」と書けば、「解かる解かる!あと、23巻の中盤の台詞がたまらん」とか、そういう返しが来る。これは実に心地良くて、他のことには変えがたい魅力の一つではある。共通の背景を持たない人同士の会話ではこうは行かない。毎度、説明を加えなければならない。それはそれで、教えたがりの人には良いのかも知れぬし、そのことで、相手が興味を持ち、そのことへ取り組んでくれれば甲斐もあるわけだが、必ずしもそうなるとは限らない。さらに言えば、音楽などは相当な差異が見られるジャンルでもあろう。私は別に音楽嫌いではないが、世間一般の同世代と比しても、音楽を聞かない人間で、アーティストの名前なども覚えている方が少ないくらいであり、「○○系」(例えば、渋谷系とか)であるとかいった分類(メロコアとか、そういう分類ね)にも疎いので、話をしていても、本を読んでもついていけない事が間々ある。相手が説明してくれればその説明で理解するし、例えば、彼女や好きな異性、仲の良い友人が相手のことならば、多少は調べようと努力もする。調べモノや本を読むことは苦ではないので、解からなくても、音楽雑誌を読むことぐらいはするし、Webで調べモノなど日常茶飯なのである。しかし、相手がそうでない場合(例えば、会社の同僚であったりとか)は、そこまでしようとは思わない。この辺に共通言語保持者とそうでない者との差異があるように思われる。

近頃、理解しがたいBlogを読むことが増えた。それは私が理解出来ないのであって、他の方々には十分に理解できて、興味がある事が書いてあるのだろうなということは解かる。しかし、共通言語を持っていない人には優しく無い。これは実に悲しいことでは無いかとふと思ったのである。実はちょっとしたコンプレックスがあって、私の年齢(三十代前半)だと、小学校の頃に見たお笑い番組というと「おれたちひょうきん族」がかなり流行した時期なのだが、私はこの番組を観たことが数度しかなく、ほとんどのギャグを憶えていない。また、流行したドラマの類もあまり見た記憶が無い(テレビっ子ではあったように思うが、憶えていない)ので、話がかみ合わない事、著しいのである。それは長じて、音楽の部分であったり、ファッションの部分であったり、色々な部分で顕著になっているように思う。「それはお前の勉強不足だ!」と言われたらその通りではあるものの、本読みとして、活字中毒者を自認する一人として、情けないことだと思うのである。



日記才人に参加中です。
下のボタンは投票ボタンです。よろしければ投票お願いします。
初回は簡単な登録作業が必要です。






周辺雑記・日記 | 【2006-03-12(Sun) 01:00:47】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
その値段、100ガンプラ!・・・(某所での買い物について)
福岡県、県内一の繁華街は何処ですか?という質問には、恐らく、天神地区と答える人がほとんどだと思う。この地域はそれほど広い地域では無く、東京でいえば、渋谷と池袋を足して二で割ったものを縮小した感じだと個人的には思っていて(あくまで新宿は混じらないと最近思う)、それほど繁く通う必要は無いが、やはり、探し物の時は行く必要がある場所のひとつではある。

ちと、専門書の類と知人に送る贈答品を購入する必要があって、久しぶりに街に出た(この街に出るという感覚が実に田舎者である)。JRと地下鉄を乗り継いで、街に出て、地元で唯一と言って良い行きつけの酒屋を探す。昨年、帰郷してから一度も訪ねていなかったこともあって、懐かしい人に会えるかとも思い期待して訪ねたのである。

元々、あった場所は別のインテリアショップになっていて、聞いてみたところが「移転した」という話でその移転先を訪ねた。ワイン、シャンパンを中心に店長が集め、オーナーの日本酒、焼酎好きが高じて、店は中心に線を引いたがごとく、相反する品揃えをしている独特の店であった。自分でも稀にワインを飲むが、通常の飲酒でワインを飲むことは稀で、ほとんど、日本酒か、焼酎であるから、オーナー自慢の品物をかなり買った記憶がある。店長がそろえたワインに関しては、贈答品として愛用させていただく事が主になる。成人してから、披露宴パーティーの贈答やら、何かの記念の贈答やらで結構色々と無理も聞いてもらった。誕生年のワインの贈答なども出来る限り答えてくれるし、それほど価格も高くなく、美味いモノを勧めるという方針がありがたい。

移転先の店は、元の店舗の五倍ぐらいの売り場面積になっていて、食料品の棚まで出来ていた。オーナーは、近頃、店に居ないと言っていたが、店長の名前を出すと、統括マネージャーに出世していて、他の支店に行っているらしかったけど、戻ってきてくれた。長い無沙汰ではあったのに、憶えていてくれて、思わず話が弾む。

「いやー。久しぶりじゃないですかー?何年ぶり?」
「何年ぶりだろ。二、三年は軽く経ってるよね?」
「相変わらず、飲んでます?」
「いやあ、もう、飲めなくなってるよね。歳かな(笑)。オーナー元気?」
「元気ですよ。近頃、日本中駆け回ってますよ。自分でやるって言って(笑)」
「いいねえ。そういうの。最近、旅行にも出てないしねえ」
「で、今日は何をお探しで?」
「贈答用のワイン、予算は三万円以内で」
「ご希望の品はありますか?」
「特になし、おまかせで。ごめんね。統括マネージャーに探させて」
「いいですよー。最近、やってないですしね。俺しか解からない隠し玉ありますから(笑)ちょっと待ってて下さい。なんだったら、奥のコーナーに試飲コーナーありますから、ちょっと飲みながらでも待ってて下さいよ」

で、勧められたので、試飲コーナーで、その元店長、今、統括マネージャー氏がお勧めのヴァン・ド・ターブル(テーブルワイン)を二種類ほど試飲しながら、商談用のテーブルで待っていた。どちらも悪くない味で、結構大きなサイズのボトルで二千円しない価格がついていて、「流石であるな」と感心していた所、一人の女性を引き連れて、プリントアウトしたリストを持った氏が出てきた。

「こっちのリスト分は直ぐに出せますね。こっちのリストの分だと一週間以内って所だと思います。問い合わせしてみないと正確な日数は出せないですけど」
「了解で」
「紹介しますね。ここの店長のHです。よろしくお願いします」

そういって、その傍らの店長H氏を紹介された。

「Hです。よろしくお願いします」

名刺を貰って、自分のプライベートの名刺を渡した。結構、ふくよかな女性であった。いくら、私が「デブ専」だの、「ブス専」だのと言われているとはいえ、それにしても、「横綱」という敬称を付けたくなる位の見事さである。外見に似合わずというか、声がカワユイのが、とてもアンバランスでもあった。名札の脇にピンズ(解かりますか?あの初回限定プレゼントなんかについてくるバッジの一種ですね)が付けられていた。それも「鋼の錬金術師」。通称「ハガレン」。若い女性に大人気のあの漫画のモノである。突っ込もうかと思ったが、その内で良いかと見逃しておいた。

「Hさんはもう長くお勤めなんですか?」
「今年の夏で二年になります」
「二年で店長。じゃ、出来る人なんですね」
「そんなことは無いですけど、ワイン好きなんですよ」

そんな感じで話し始めて、悪くない印象でもあり、随分と砕けた話も出来るようになってきた感がある。なかなか賢い印象で、受け答えもよろしく、要を得た話し方をする。大丈夫だという確信を持ったので、

「じゃ、このリストから、Hさんお勧め教えてくださいよ。それから決めますから」
「えー、責任重大ですね・・・。じゃ、これとこれと・・・。これも・・・」

そういって、リストから四点ほどのワインを選んでくれた。結局、その中から二点選んだ。

「ありがとう。助かりました。ついでと言っては何ですけど、自宅で飲むワインも買っていきます。何かお勧めありますか?」
「じゃ、こちらで」

そういって、ワインセラーに案内された。特に値段を指定しなかった事もあって、彼女推薦の一棚だったらしく、上部には比較的高いもの、下に行くにつれて、価格帯も手頃なモノが並んでいる。

「この棚だったら、大体ハズレは無いです。値段も高い物で100ガンプラぐらいで・・・」

100ガンプラ?今、あなた、ガンプラ言いました?それは、間違いでなければ、島本和彦著「吼えよペン」で出てくる通貨単位。1ガンプラ=300円である。つまり、100ガンプラは30000円に相当する。

「島本和彦?」
「え?」
「いや、今、ガンプラってw」
「え?」
「吼えよペンでしょ?1ガンプラ=300円」
「うわ。言っちゃいました。近頃、店員で解かる子が入ってきて、良く話してるんで。好きなんですよ。」

久しぶりに大笑いしてしまった。酒屋でしかも、それなりに大規模の酒屋のワインコーナーでガンプラなんて単位を聞けるとは思いも寄らぬ事であった。ピンズにも気付いていたことを話して、少しばかり、漫画、アニメ話に華が咲いた。存外と趣味が近い事も解かって、なにやら、楽しい気分になったのである。

これからは、マネージャー氏が居ない時でも、彼女が居れば大丈夫だと思った。客前で店員同士の会話が洩れるというのは悪い事と言えるかもしれないけれど、何となく、親近感が湧くじゃない。そういうのもアリだと思った。



日記才人に参加中です。
下のボタンは投票ボタンです。よろしければ投票お願いします。
初回は簡単な登録作業が必要です。






周辺雑記・日記 | 【2006-03-10(Fri) 10:56:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
とおーい昔の話・・・(女に言われたくない言葉)
全く未経験の童貞君とか、生娘ちゃんとか(失礼。言葉として妥当かどうかは不明)以外は、誰にでも秘め事の記憶ぐらい多少はあるだろうと思う。そりゃ、今や、多くの出版物が世に溢れている時代。もう、「奥ゆかしさ」なんてものは過去の遺物で、見ようと思えば、小学生でも、モロに見えてしまう映像をDVDなんかで見ることが出来る時代なので、葬り去られた感じの言葉は随分とある。

アメリカ的なスポーツチックな映像が好きな人も多いのかも知れないけれども、基本的に、日本人の好みは「淫靡」な映像はだと個人的には思っている。見えそうで見えないとか、字面で興奮するとか、そういう想像力を逞しくする方向。新書書店に行くと、文庫のコーナーに切り分けられたように、いわゆる「官能小説」のコーナーがあって、ここ数年、格段に伸してきている印象を持っている。ほとんど読んだ事が無いコーナーだけれども、売れるには訳があるのだろうし、面白いんだろうとは思う。団鬼六氏の小説はいくらか読んだけど、最近売れてる、神崎京介氏とか一冊も読んだ事が無いけれども、そういう「淫靡」な部分をくすぐるんじゃないのかな?と想像する。

いわゆる「エロ本」といわれる類の本でも、今や伝説になってる「写真時代」辺りは、その見えそうで見えないという縛りがあったから、伝説になり得たわけで、多分、何でも出せる国ではそうはならない。東南アジアの国々は日本と同じで、出版物には結構ウルサイのだけれども、本やDVDを買うより、何処かの飲み屋なりに言って、話を付けた方が早いし安いわけで、ここに微妙なネジレを感ずる。

で、話が逸れぎみだけれど、そんな中で、「秘め事の時に言われたくないな」と思っていた言葉が今日読んでいた本に出て来た。それは、

「ありがとうね。○○(○○には名前が入る)」


である。これは私もかなり昔に言われた記憶があって、相当にへこんだというか、それが原因で別れたぐらいの言葉である。コトが終わり、「前」より、「後」を大事にする方針の私としてはそのマッタリとした時間が心地良かったりするわけだが、その時に、腕枕している私の腕をすり抜けて、当時の彼女が、「ありがとうね」と言ったのである。マッタリしていた気分が二秒で醒めた。というか冷めた。どのような意図で言ったのか知らぬけれども、その言葉を言わせた方も悪いのかも知れないとも思うけれども、これだけは言われたくない気がする。多分、性質の問題じゃないと思う。誰でも、性向の偏りみたいなモノはあって、Sチックな人も居れば、Mチックな人も居るとは思うけど、どんなにSの人でも、イタシタ相手に「ありがとう」って言われて、冷めない人って考えにくいと個人的には思う。あと、「お願いします」って頭下げられても、多分冷める。私は出来ないだろうと思う。そりゃ、性欲ってものが男女共にあることは解かるけど、それでも、お願いされたり、感謝されたりっていうのを言葉にあらわれされた瞬間に一気に萎え、醒め、冷める。そこには、秘め事という言葉の字面どうりの意味合いすらない。

「他人に隠す、二人だけの共有する秘密」


があるという点が「淫靡」への出発点にもなっているわけで、基本的にはお互いが等分に気持ちを持ち合った結果としての行為であるという前提がどこかしらに無いとモエナイ(これは萌えないとはちと違うし、燃えないでも違うような気がするな)と思うわけだ。

結局、この彼女とはその後、一度も会うことなく破局した。今日読んだ本を著者はきっと同じコトを言われた経験をお持ちなのでは無いかと思った。そして、その気持ちのほどを著作の中で描写されていたけれども、それにしても、チト嫌なことを思い出した。出来れば、現実には二度と聞くことが無いようにしたいものである。



日記才人に参加中です。
下のボタンは投票ボタンです。よろしければ投票お願いします。
初回は簡単な登録作業が必要です。





周辺雑記・日記 | 【2006-03-09(Thu) 10:53:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。